Just another WordPress site

電力について今後どうなるのか?災害が多い日本での原発のリスク

2019/08/28
 
電気
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 私は2年後に脱社畜を目指しブログやyoutubeで独立する事を 目標に現在奮闘中。 とにかくまず10万円を稼ぎ持病を持つ妻をパートから抜け出せるように 頑張ります!!

こんにちはYuichi と申します

近年電力の需要が高まりますます限りある資源について心配になってきます。

近年ではCO2の増加による温暖化が問題になっています。

そして災害の多い日本で原発でのエネルギーに頼らざるおえないのでしょうか?

そこで色々と自然エネルギーについて調べてみました。

自然エネルギーとは?

スポンサーリンク

自然エネルギーとは限りある資源を減らさずに上手く使う事で無限に使えるエネルギーです。代表的な物は風力発電、太陽光発電、水力発電があります。

近年では太陽光発電などが普及してきました。

さらに日本では普及していないですが海の潮の満ち引きを利用した潮力発電、海の波を利用した波力発電があります。近年注目されているバイオマス発電もあります。

バイオマス発電とはとうもろこしやサトウキビ、家畜の糞尿等をガス化したり直接燃やしたりし発電する方法です。とうもろこしやさとうきびを燃やすとCO2が発生しますが育てていく過程で二酸化炭素を吸収しO2を排出しているためプラスマイナス0になるというメリットがあります。

カーボンニュートラルと言って世界中で推し進められています。

自然電力が普通になると何が起こるか

災害の多い日本にとって原発はリスクです。もし自然電力を100%にする事ができれば

原発をなくす事が出来ます。そして増え続ける放射性廃棄物を増やさないで済みます!

火力発電については限りある資源を使い続けていますので無くなれば海外からLNGや石油、石炭を輸入せずに済みますし地球の資源を減らさないで済みますので資源の枯渇による戦争や紛争を防ぐ事が出来ます。

自然エネルギーが普及する事で燃料を大量に輸入しなくなる訳ですからガソリンなどの値段が高騰し、現在ガソリン車が通常ですがガソリンが高くなれば、ますます電気自動車や水素自動車、バイオ燃料の需要が高まりさらに技術が高まっていくのではないかと思います。

バイオ燃料を作るためのさとうきび畑、トウモロコシ畑が増え雇用が増しますから現在農業の若者離れが進んでいますが、それをやろうと言う若者が増え農業が活発になります。CO2も減りますので近年問題視されている温暖化問題もかなり縮小するのではないかと思います。

現在、中国に抜かれそうな日本のEVの技術や水素自動車の技術はさらに良くなるのでその技術を売る事で海外からの収益も期待できます。

普及する事での生活の変化

電力関係のベンチャー企業が増え電力を供給する事業者だけでなくその周囲の農業や家畜の育成さらには利益が出る事での太陽光発電の技術の進歩、CO2を削減するための森林の増加それを管理する雇用の増加やCO2の出ないモーターを使っての移動手段が増えます。

実際に普及しているの?

国内においては新潟発電所でのバイオマス発電所、

海外では韓国での潮力発電所の建設、ヨーロッパ諸国では風力発電が頻繁に行われています。

最後までご覧いただき有難うございました

ありがとうございました

それでは

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは 私は2年後に脱社畜を目指しブログやyoutubeで独立する事を 目標に現在奮闘中。 とにかくまず10万円を稼ぎ持病を持つ妻をパートから抜け出せるように 頑張ります!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 生活系ブログ , 2019 All Rights Reserved.